<< 急性緑内障発作 | main |
コンタクトレンズ眼障害
0

     

     

    コンタクトレンズ眼障害とは、コンタクトレンズによる角結膜疾患のことです。

    装用者の増加に伴い、コンタクトレンズ(最近ではカラーレンズ)による目のトラブルが増えています。

    主な原因は、長時間装用やレンズの汚れなどです。

     

     

    主なコンタクトレンズ眼障害

     

    ・角結膜上皮障害

     原因は、装用による乾燥(ドライアイ)や機械的な刺激などです。      

    また、素材などコンタクトレンズ自体がトラブルに関与する場合もあります。

     

                 

          (ソフトコンタクトレンズ装用者に       (カラーレンズ装用者にみられた

                 みられる点状の傷)               色素の沈着)

     

    ・アレルギー性結膜疾患

     コンタクトレンズに付着した汚れや、花粉、ホコリなどが原因です。

     かゆみ、異物感、充血などの症状が出ます。 

          

                  

     

     

    ・感染性角膜炎

     角膜の傷や不適切なレンズケアにより、角膜に細菌やカビなどが感染し炎症を起こします。

          

                  

     

     

    コンタクトレンズによる眼障害を予防する方法⇩

    ・ケアをきちんと行う

    ・長時間装用をしない

    ・使い捨てレンズは使用期限を守る

    ・定期検査を受ける

     

    以上に注意し、正しくコンタクトレンズを使用しましょう目

     

     

     

    カテゴリ:- | 11:12 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする